発行者による作品情報

大正時代の日本の小説家、評論家、英文学者。夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)本名、金之助(きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。「夏目 漱石」は底本の「こころ」では「日本の小説・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「上 先生と私」「中 両親と私」「下 先生と遺書」「の3つ。初出は「朝日新聞」1914(大正3)年4月20日~8月11日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1918
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
2.5
MB

カスタマーレビュー

Ryu S.

50歳過ぎて文学に目覚める

工学系で小説等に全く興味が無い私がiBooksのおかげで文学も良い物だと気がつきました。「こころ」は自分の気持ち動きを見透かされている様で、読んでいて怖くなりました。
iBooksの操作性、辞書が使いやすくとっても良いです。

ウッディ66

名作です

人間の儚さというか心にしみました。

saitouyui

出会い

なんとなく手に取り読み始めました
タイトルは目にしたことがあり
塾通いの娘に読書をすすめるなら
自分も古今の名著に触れておかねばと思い。
自分の「こころ」を静かに揺り動かされた作品でした。
2人の子供にも同じような作品との出会いがありますように

夏目漱石の他のブック