• ¥540

発行者による作品情報

その店は、大阪のどこかの町にある。仕事に、人生に、さまざまな悩みを抱える人びとが、いかにも「大阪のおばはん」の女店主・蘇我家馬子(そがのやうまこ)がつくる、たこ焼き、お好み焼き、うどん、ピザ、焼きそば、豚まんなど、絶品「こなもん」料理を口にした途端……神出鬼没の店「馬子屋」を舞台に繰り広げられる、爆笑につぐ爆笑、そして感動と満腹(!?)のB級グルメミステリー! 日本コナモン協会会長・熊谷真菜氏も太鼓判! 読んだら必ず食べたくなります! ちなみに、「こなもん」とは……小麦粉を使った料理の総称を指す大阪弁。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013
8月15日
言語
JA
日本語
ページ数
251
ページ
発行者
実業之日本社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.7
MB

カスタマーレビュー

紫苑0914

夢をかなえる象

作者が違ってタイトルも違う。
私は「夢をかなえる象」と同じじゃん
と思いながら読んだ。
話の流れ、設定はガネーシャが「うまこ」で
「いるか」がシャカか貧乏神。
軽い啓蒙書なのも同じ。
大阪弁の使い方も同じ。
面白いから読んだけど
最後にうまこは人じゃないかも…で終わったし。
こんな本が多くなってるのかな?

田中啓文の他のブック