• ¥510

発行者による作品情報

極限まで“揃う”事にこだわり、完璧な演奏を果たした姫坂は出場校の中で群を抜いていた。そして、その姫坂を関東邦楽祭で破った拍音(はくと)の演奏順を迎える。演奏するのは拍音の顧問・山本によるオリジナル曲。それは澪の音を引き立たせる事だけを計算して作られているという。それだけの扱いを受ける澪の実力とは――!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2016年
11月4日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
41.5
MB

カスタマーレビュー

びようし

類稀な構図、演出、間の取り方で心揺さぶる漫画

絵としては基本少女漫画風なタッチだが、演奏の場面やキャラクターの感情がこもるシーンになると表現が一変する。特に演奏のシーンは箏を聴いたことがなくても音がリアルに響いてくるような演出に引き込まれ、鳥肌が立つ。割とほのぼのとした世界観なので優しい気持ちで見れる。正直現在連載中の漫画の中ではトップクラスの面白さ。まだまだ認知度が低いのできっとこれから更に話題になることでしょう。

アミューの他のブック

このシリーズの他のブック