これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲‪学‬

    • 3.4 • 79件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

日本中が熱狂したベストセラーが紙版の文庫化に合わせて大幅値下げ。
さらに世界初公開、マイケル・サンデル氏の次作『それをお金で買いますか』より「序章」を先行収録いたしました。
1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか?
哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。
アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2011年
11月20日
言語
JA
日本語
ページ数
480
ページ
発行者
早川書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.1
MB

カスタマーレビュー

みけねこら

白紙になって読めない。

一度読んで、しばらくたってからもう一度読み返そうと思ったら、表紙以外ページがすべて真っ白に。
非常に無念です。
自分だけ??みなさんもそうなのかな??

ラウゾウ

新しい学び

大変興味深い内容でした。日々おきることを深く議論する事は、私には今までなかった事でした。
学、ぶとはこのような事なのかと思いました。

John Shota Wick

周りの友達が考え方が全く変わったとかなんとか言ってたので買って見たがそんなに…

まず英語から日本語への翻訳本なので読みにくい!

難しく英語じゃないと伝わらないようなニュアンスを含む言葉はそのままカタカナ英語として使われてるので分かりにくい。

本の構成
1.終わりのない質問
2.質問に対する答えを2.3違う視点から回答。
3.その3視点からの回答をする人達の「真の考え方をするのはなぜ?」を解説,

1.に戻り違う質問に投げかけ2→3と変え繰り返す。

*これが500数十ページくらい続くので飽きます。

読んでみて良かったと思う点は強いて言うなら、投げかけてくる質問が面白いく友達、家族と一緒に考えると面白い!
例えは表紙裏に載ってます。

私の意見は、これ読むならほかの本でいいんじゃないかなって思います。

似たブック

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下) ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)
2012年
自由論 自由論
2012年
正義とは何か 現代政治哲学の6つの視点 正義とは何か 現代政治哲学の6つの視点
2018年
ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上) ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)
2012年
ニコマコス倫理学(上) ニコマコス倫理学(上)
2015年
永遠平和のために/啓蒙とは何か 他03編 永遠平和のために/啓蒙とは何か 他03編
2006年

マイケル・サンデル & 鬼澤忍の他のブック

それをお金で買いますか 市場主義の限界 それをお金で買いますか 市場主義の限界
2012年
ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上) ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)
2012年
ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下) ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)
2012年
サンデル教授、中国哲学に出会う サンデル教授、中国哲学に出会う
2019年

カスタマーはこんな商品も購入

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
2013年
Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法 Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法
2019年
銃・病原菌・鉄 上巻 銃・病原菌・鉄 上巻
2014年
秒で決めろ! 秒で動け! ラファエル式秒速タイムマネージメント 秒で決めろ! 秒で動け! ラファエル式秒速タイムマネージメント
2020年
22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる 22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる
2022年
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~
2017年