• ¥350

発行者による作品情報

人間に代わって高度な知的労働をこなす「人工知能(AI)」の活用に、世界中の企業が乗り出している。AI研究で先行するグーグルなど巨大IT企業に負けじと、トヨタが米国に人工知能研究所を設置し、次世代カーやロボットの研究を開始した。すでに産業の現場に入り込んだAIは、世界をどう変えるのか。


本書は週刊エコノミスト2015年10月6日号で掲載された特集「これだ!人工知能自動運転」の記事を電子書籍にしたものです。


目 次:


はじめに


・日本のAIが切り開く90兆円の巨大市場


米国の底力 ワトソン、バイカリアス


・国内ビッグ4も負けられない ワトソンに対抗、ビッグデータ解析


・AIって何だ!? Q&Aでとことん理解する人工知能の仕組みと将来


・ものづくりが変わる 日本の製造業に勝機あり


・AIは人類の脅威か 英米の著名人が相次いで懸念


・ここまで来た!自動運転


AIに舵切る自動車メーカー 深層学習の威力


「ZMP」 2019年にロボットタクシー量産


・注目業界はこれだ! 金融/法律/広告/マーケティング/教育/人材


金融 データセクション


法律 UBIC


広告 リクルートホールディングス


マーケティング メタップス


教育 COMPASS


人材 grooves


・人工知能で戦う上場企業24社一覧


・部品産業 センサーと動力機器がカギ


・主導権を握る米国 主流はディープラーニング


・大失業時代の到来 30年後に働けるのは人口の1割


・「AI経済学者」が生まれる


・サイエンス最前線 特別編 スパース・コーディング

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015
11月20日
言語
JA
日本語
ページ数
58
ページ
発行者
毎日新聞出版
販売元
THE MAINICHI NEWSPAPERS
サイズ
15.7
MB

週刊エコノミスト編集部の他のブック

このシリーズの他のブック