• ¥550

発行者による作品情報

子狐の「ごん」は、村へ出てきては悪戯ばかりして人を困らせています。ある日ごんは、村人の「兵十」が川で魚を捕っているのを見て、悪戯で採った魚を逃がしてしまいます。それから十日ほど後、兵十の母親が死んだことを知ったごんは、後悔するのですが。。。すれ違ってしまう心を描いた作品です。



ごんぎつねが刊行されたのは1932年。新美南吉が亡くなってからのことでした。この作品が書かれたのは、新美南吉が17歳の頃です。地方に伝わる昔話が元になっており、南吉の故郷である、愛知県の知多半島をモデルにしたといわれます。



この本は、絵の点数は14点の絵本に近い児童書です。小さいお子さんにも絵を楽しみながらお読みいただけます。また、文字の拡大・縮小が可能なリフロー型の電子書籍となります。文字が小さい時は大きくしてお読み下さい。この本は横書きでレイアウトされていて、普通の児童書のように縦書きにはなっていません。購入前には、その点をご注意ください。

ジャンル
子ども向け
発売日
2015
1月30日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
絵本のピクティオ
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
26.6
MB

新美南吉 & メイヴの他のブック