• ¥880

発行者による作品情報

陽之はかっこよくて何でもできる兄の優一が大好きだった。しかしある日、その感情が家族に向けるものとは違う色を持っていることに気づいてしまう。「好き」の境界はどこにあるのだろう―何度も何度も考えて陽之が出した答えと行動は、今まで優一が見せなかった心の内を徐々に引き出していく。兄弟の絆によって混線し、しかしそれゆえに濾過されていく大切な想いは、二人の関係を少しずつ変えて…。二人だけの透明な恋。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
132
ページ
発行者
ジュリアンパブリッシング
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.5
MB

麻生玲子の他のブック