• ¥200

発行者による作品情報

1989年、日本看護学会で「手術衣:パンツの着用について」と題した論文を発表。当時、手術を受ける患者さんの多くは、全裸あるいはT字帯着用でしたので、別にパンツでもいいんじゃないかという素朴な疑問が看護研究に取り組んだ発端です。当時、私が勤務していたスポーツ医・科学研究所は発足したばかりで、歴史は自分たちで切り開いていくんだという気概と伸び伸びと自由に開拓できる環境であったことが幸いしたと思います。今から改めて当時を振り返ると、「よくやったな」と自画自賛する一方、人生で最も情熱を注いで取り組んだ時期だったように思います。

ジャンル
職業/技術
発売日
2015
9月18日
言語
JA
日本語
ページ数
15
ページ
発行者
安藤秀樹
販売元
ANDOH HIDKI
サイズ
681.2
KB