• ¥310

発行者による作品情報

ぼくが初めてオルオラネ爺さんに会ったのは、
初雪が降ったある冬の晩のことだった。
酒好きな三匹の猫を連れ、もしゃもしゃっとした髪も、
長いあごひげもまっ白なその老人は猫たちを楽器のようにつま弾き、
美しい妙なる調べで、人々の心を魅了してゆく。
不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情豊かに描きあげ、
夢枕獏の原点と称される、ロマンチックファンタジイ。

猫弾きのオルオラネに収録

そして夢雪蝶は光のなか

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
4月25日
言語
JA
日本語
ページ数
99
ページ
発行者
クリーク・アンド・リバー社
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
1.4
MB

夢枕獏の他のブック