• ¥880

発行者による作品情報

「古傷が痛むと雨」は“迷信"でも“気のせい"でもありません。

気温・湿度・気圧などの変化に、自律神経は大きく影響を受けています。

予約の取れないカリスマ鍼灸師が、自宅でできる解消法をアドバイス。

市販薬や日々の食べ物、入浴方法、ペットボトルを使ったお手軽温灸などで、症状がみるみる改善します。

さらに、生活習慣をちょっと見直すだけで、自律神経が整い、天気に揺さぶられない体が作れます。



坂本美雨さん推薦!

「お天気とカラダは、確かにつながっている。

先生のおかげでお天気痛から解放されました! 」



本書の内容より

●雨の日の嫌な痛みを防いでくれる意外な市販薬

●梅雨時のむくみやだるさを軽くする身近な食材

●夏の過ごし方で決まる、次の冬の冷え症レベル

●台風の日の耳鳴りやめまいが速攻で和らぐツボ

●コンビニのお茶系飲料で風邪を食い止める方法

●原因不明のかゆみ対策は風呂上がり10分が勝負 など

ジャンル
健康/心と体
発売日
2016
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
110
ページ
発行者
廣済堂出版
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.7
MB

若林理砂の他のブック