• ¥200

発行者による作品情報

天国でも地獄でも救えない、重い重い死者の魂が落ちる場所――辺獄(へんごく)。人間の体が万病を治す薬となるこの地に落ちた少女は、自分を拾った異形の医者の「薬籠(やくろう)」として、その身を削り、人々の病を傷を癒していく……。有一九が精巧な筆致で描く、ダークファンタジー開幕!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
3月2日
言語
JA
日本語
ページ数
40
ページ
発行者
NINO
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
16.1
MB

カスタマーレビュー

あーたんず

独特な世界観が面白い!

独特な死後の世界を描いた話。タイトルから重々しい怖い内容かと思ったら、思いのほかコミカルで読みやすかった。でもそれとなく漂う不穏な空気が今後どうなっていくのか、楽しみです。

有一九の他のブック

このシリーズの他のブック