• ¥1,600

発行者による作品情報

「@ほぉ~むカフェ」は12年の歴史を持つ、秋葉原の老舗メイドカフェ。
世界中の旅行者の評価(サービス、コスパ、味など)によって決まる「Trip Adviser」のエクセレンス賞を2015年に受賞している。
その「@ほぉ~むカフェ」で10年以上メイドとして働き、現在は社長にまで昇りつめたカリスマ・メイドが著者のhitomi。
ビラも配らず、街頭で勧誘もせず、秋葉原に「AKB劇場」が出来ても、客足は減るどころか増えている。現在は年間40万人以上が訪れる大人気スポットに成長した。栄枯盛衰のメイドカフェ業界において、なぜこの店だけが一人勝ちしているのか――?
それは数々の試練を、持ち前のバイタリティとアイデアで跳ね返してきた著者によるところが多い。
本書は、なぜこの店だけが生き残ったのか、著者はどんな“変革”をもたらしたのか、を著者自らが初めて綴ったものである。
メイドhitomiが初めて本名を公表して、メイドの未来についての熱い思いも語る本書は、読む者に明日への活力と、ほんの少しの変革の芽を植え付ける。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2017
3月23日
言語
JA
日本語
ページ数
109
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
20.7
MB

カスタマーレビュー

かつみん♪

おめでとう!

ひとみん、たった7坪のテーマパーク、出版おめでとう🎊
今まで読んだ本の中で、一番身近な著者だから、生涯最速タイムの読破でお祝い🎂したよ。
評価を星4つにしたのは、この本が、通過点に過ぎなくて、未完成だからです。
さらなる高みを目指す、あっとほぉ〜むカフェそして、ひとみんをこれからも応援し続けます。