• ¥490

発行者による作品情報

『絶望の森』と呼ばれる深い森の奥、美女と野獣が愛し合い、暮らしていた。美女の名はダイヤモンド。ジェムナスティ国の王女だった。そして獣の正体は、トードリア国王子ジオラルド。陰謀に巻き込まれた彼は、魔法によって姿を変えられてしまったのだった。魔法を解く方法はただ一つ。誰かとの愛の誓いを立てること。2人は愛の口づけを交わすが…。恋と冒険がいっぱいの痛快ファンタジー!

ジャンル
小説/文学
発売日
1997
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
7.1
MB

カスタマーレビュー

ゆきとゆず

無敵で素敵な美女と冒険を!

とにかく全てのキャラクターが素敵です。
最初は嫌な人だと思っても、結局は愛すべき人物だと心から思えます。
中学生の時に出会って、新世界編、魔王編、はなのはだか、シリーズ全てを読みました。
大好きな作品です。

カテゴリがゲイなのは?ですが、何年たっても現役、いつか子供にも勧めてみたいです。

105105105105

ずっと好き

ずっと好きな作品です
みんなが優しいし
さて俺が命ずるぜは好きなセリフ

umesyu34

20周年おめでとうございます

ケモナーのお姫様が野獣から人間に戻った王子様にがっかり(!)する所から物語は始まります。
もう一度魔法をかけ直してもらいに行く旅で、元婚約者、魔法使い、政敵相手などと愉快痛快なキャラクターが登場するのですが、会話の中でキャラクターがどんな生き方をしているのかなどがわかって、とても魅力的な姿が見られます。
シリーズの1巻目ですが、1冊目ということでこの話できちんと区切りがついているので、お試しでも是非読んで、美しい描写とコミカルな会話を楽しんでいただきたいです。

野梨原花南 & 宮城とおこの他のブック

このシリーズの他のブック