なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか ハリウッドからアメリカが見える なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか ハリウッドからアメリカが見える

なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか ハリウッドからアメリカが見え‪る‬

    • ¥880
    • ¥880

発行者による作品情報

メリル・ストリープら人気俳優が次々と反トランプを表明する一方、オリバー・ストーン監督は、これまでハリウッドは政府べったりだったと批判し、トランプに期待を寄せる。自由・民主主義という理念の担い手として、またアメリカ覇権主義の喧伝者として、アメリカのひとつの象徴だったハリウッドが今、政権と敵対し、さらに人々からは「しょせん特権層」と反感を抱かれ、大きな岐路に立たされている――。話題の映画の背景と監督・俳優らへのインタビューから、アメリカと世界が直面する問題の深層に迫る。

ジャンル
政治/時事
発売日
2017年
3月29日
言語
JA
日本語
ページ数
225
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
2
MB

藤えりかの他のブック

「ナパーム弾の少女」五〇年の物語 「ナパーム弾の少女」五〇年の物語
2022年
海を渡った「ナパーム弾の少女」 戦争と難民の世紀を乗り越えて 海を渡った「ナパーム弾の少女」 戦争と難民の世紀を乗り越えて
2023年