• ¥950

発行者による作品情報

人気エコノミストが徹底解説!

長時間労働、ワンオペ地獄、人材に投資しない……だから給料が上がらない

「働き方」の不条理を解決するツボが丸わかり!


「生産性を高めよう」が合言葉になっている。きっかけは安倍政権が「働き方改革」を提唱したことだ。

実際、日本企業の生産性はスペインやイタリアにも劣り、先進国で最低レベルまで落ち込んでいる。たくさん働いているのに、稼げなくなっているのだ。

いったいなぜ、日本は生産性が低くなってしまったのか?

じつは日本企業は、旧日本軍と同じ失敗をしている。

たとえば近年、日本企業はどこも「ワンオペ」が増えている。社員1人で膨大な作業量を何でもこなすシステムだ。しかし、各個人が孤立して仕事をしているため、組織全体の効率は追究できない。また、ノウハウを組織でシェアできないという致命的な欠陥がある。チームで効率よく仕事をやるほうが、圧倒的に強いのだ。

これは特攻と何ら変わらない。大局的な戦略をもたず、現場の個人に「がんばれ!」「なんとかしろ!」と精神論で負荷をかけ、一発逆転の局面打開を期待する……これでは勝利は望めない。

本書は、日本企業のどんなところが低生産性を招いているのかを具体的に指摘したうえで、「では生産性をあげるために何をすべきか?」を具体的に提言する。

本当の「働き方改革」はここにあり!

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019年
1月18日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
11.7
MB

熊野英生の他のブック

2016年