発行者による作品情報

台湾で今なお愛され大切に利用されている日本統治時代の建物を巡り、現地の人々との触れ合いを描く――。
現在の台湾には、日本統治時代の建物が数多く残り、大事に利用されています。
そのせいか、台湾にはなぜか日本人にはなつかしい風景がたくさんあります。
本書は代表的都市の台北・台南・高雄を中心に、そんな日本の建物たちを巡り、現地の人々と触れ合う旅の様子を描いたコミック旅エッセイです。
街歩きに最適なMAP付き!
※本作は2013年10月~2014年1月に現地を訪れ取材したものをもとに描かれており、物価や店舗情報は取材当時のものです。ご了承ください。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2021
3月24日
言語
JA
日本語
ページ数
39
ページ
発行者
ぶんか社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
7.9
MB

おがたちえの他のブック