• ¥570

発行者による作品情報

『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。

少年少女を巻き込んだ52時間の監禁劇は、一発の銃弾を最後に、その幕を閉じた。──それから2年後。彼等は再び出会う。そして、何もかも失ったあの場所で、多くの犠牲と数え切れぬ罪を前に、一つの“誓い”を立てる。もう二度と何者にも流されぬように。再び、前を向いて生きていくために──。
現代の生き方を巡る禁断サスペンス、ついに完結──。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2021年
8月6日
言語
JA
日本語
ページ数
267
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
113
MB

内海八重の他のブック

このシリーズの他のブック