• ¥550

発行者による作品情報

陽気な落第生だった少年時代、ラバウルで死の淵をさまよい片腕を失った戦争の時代、赤貧の中で紙芝居や貸本マンガを描き続けた戦後、そして突然訪れた「鬼太郎」と妖怪ブームの中で締め切りに追われる日々。のんのんばあが、南国の土人たちが、奇妙な「水木荘」の住人やユニークなマンガ家仲間が彩る波乱万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
7月22日
言語
JA
日本語
ページ数
209
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
680.7
KB

水木しげるの他のブック