• ¥610

発行者による作品情報

最期は最愛の人と、最愛の場所で。

将来を嘱望される外科医だった天道陽は、妻を過剰ながん治療で失ったことを機に
在宅医へ転向した―――――
余生を送る場として、また臨終の場として自宅を選んだ患者に寄り添う天道は、日々近づいてくる“死”と、まだ続く“生”と向き合いながら、患者のもとを巡り、奔走している。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
10月30日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
40.7
MB

魚戸おさむ & 大津秀一の他のブック

このシリーズの他のブック