ふしぎな君が代 ふしぎな君が代

ふしぎな君が‪代‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥880
    • ¥880

発行者による作品情報

「君が代」は議論の絶えない歌である。明治早々、英国王子の来日で急遽、国歌が必要になる。しかし、時間がないため、『古今和歌集』の読み人しらずの短歌に鹿児島で愛唱されていた「蓬莱山」の節をつけて間に合わせたのが「君が代」の誕生だといわれる。以降、1999年に「国旗国歌法」で法的に国歌と認められるまで、ライバルが現れたり、戦時下には「暗すぎる」、戦後には「民主国家にふさわしくない」と批判されたり波乱が続く。最近では、教育現場での「君が代」斉唱が再び問題視される。日本人にとって「君が代」とは何なのか? 気鋭の若手研究者がその歴史をスリリングに繙く。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2015年
7月30日
言語
JA
日本語
ページ数
179
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
17.3
MB

辻田真佐憲の他のブック

「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史 「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史
2023年
たのしいプロパガンダ たのしいプロパガンダ
2015年
大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争
2016年
文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年 文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年
2017年
日本の軍歌 国民的音楽の歴史 日本の軍歌 国民的音楽の歴史
2014年
超空気支配社会 超空気支配社会
2021年