• ¥500

発行者による作品情報

『まぼろしの邪馬台国』(まぼろしのやまたいこく)は、宮崎康平による日本の書籍。宮崎の半生と邪馬台国が島原にあるという学説とを同時に記した作品であり、小説でもなく評論でもなく分類が難しい作品。2008年(平成20年)秋、吉永小百合主演で映画化された。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
5月28日
言語
JA
日本語
ページ数
503
ページ
発行者
Books Pub
販売元
KONSTANTIN FAMARSKII
サイズ
3.1
MB

宮崎康平の他のブック