みにくいあひるのこ ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本‪~‬

    • ¥100
    • ¥100

発行者による作品情報

【名作絵本のデジタル復刻!】日本が元気だった頃、多くの子どもたちに親しまれてきた厚紙の絵本。美しい絵、文章のリズム、ことばの楽しさ、当時活躍した実力派絵本作家の子どもへの熱い思いが伝わってきます。親から子へ語り継ぎたい名作絵本シリーズ!!
醜く生まれたアヒルの子が、ほかのアヒルからいじめられて逃げだし、ネコやメンドリからもいじめられ、ひとりぼっちで寒い冬を越す。でも春が来たとき、アヒルの子は大きく白い羽根が美しい白鳥になっていた――この有名な「みにくいあひるのこ」は、容姿にコンプレックスがあった作者アンデルセンの自伝的物語だと言われています。
いじめられっ子が成長して美しい人気者になるというハッピーエンドの中に、「人を見かけだけで判断してはいけない」という教えを読み取ることもできますが、ひとつ注目したいのは、このお話が夏・秋・冬・春の季節の移ろいの中で語られていること。季節感たっぷりの美しい絵を眺めながら読んでいくことで物語のの味わいがぐっと深まっていきます。子どもの心に、アヒルや白鳥、その他の動物たち、彼らをとりまく自然に関心が生まれてくるかもしれません。

※この作品はカラー版です。

ジャンル
子ども向け
発売日
1989年
8月10日
言語
JA
日本語
ページ数
24
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
14.5
MB

武鹿悦子 & 奈良坂智子の他のブック

1990年
1983年
1984年

カスタマーはこんな商品も購入

1984年
1994年
1993年
1984年
2016年
1985年

このシリーズの他のブック

1984年
1994年
2000年
2000年
1983年
1990年