• ¥700

発行者による作品情報

まちがい続け、いつまでも手の届かない答え。

一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントには三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、より大規模なものになっていく。穏やかで暖かな空気の中、だんだんと見過ごせなくなってくる小さな違和感、慣れないことで戸惑っているのだと自分に言い聞かせようとしても誤魔化せない気持ち。
本物から目をそらしてでも、この時間がずっと続けばいいのかもしれない--。
何も気づかないほうが良かったのかもしれない--。
提案される「彼女の相談、彼女の依頼」。
雪は静かに降り積もり、彼ら、彼女らの今という景色を変えていく。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
6月29日
言語
JA
日本語
ページ数
344
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
6.4
MB

カスタマーレビュー

ラグナロクオデッセイ

最高

クライマックスが、
素晴らしいです

たつ海仮名

楽しみです。

早く12巻が出ないかなーと思います。

渡 航 & ぽんかん(8)の他のブック

このシリーズの他のブック