• ¥500

発行者による作品情報

夏の終わり、やれたかも委員会の元に届いた一通の分厚い手紙。差出人が語り出したのは22年前の大学時代の思い出だった。
青春時代。当事者の季節。そんなやれたかもしれない思い出を犠星塾塾長能島明、ミュージシャンパラディソ、そして財団法人ミックステープ代表月満子が判定します。
「自由に飛び立てばいい。やれたかもの大空へ。」
シリーズ初の長編「童貞からの長い手紙」に加え、特別編「月満子ぴったり合う」を収録。(対談記事は収録されていません。)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2020
5月12日
言語
JA
日本語
ページ数
297
ページ
発行者
電書バト
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
195.9
MB

吉田貴司の他のブック

このシリーズの他のブック