• ¥730

発行者による作品情報

常夏の無人島を舞台に、全学年で得点を競い合うサバイバル試験がついに開始された。得点を得る方法は2つ。毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れることと、無人島内に設置された課題を条件通りにこなすこと。グループ人数が多いほど有利かつ、退学の可能性も減る試験内容。2週間という長丁場かつ、水や食料の補給も考える必要のある過酷な試験。さらに月城理事長代理は学生同士の小競り合いを試験中は容認するらしい。そんな中単独行動で状況を窺う綾小路だが、1年Dクラスの七瀬翼が同行を申し出る。メリットのない奇怪な行動だが七瀬の出方を知るため綾小路はそれを受諾。2人組での無人島走破が始まる!

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
10月24日
言語
JA
日本語
ページ数
267
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
24.9
MB

カスタマーレビュー

かかおはかな

だからここでネタバレするなよ

ネタバレはダメだろ
ネタバレ書いてるから買うなら読まない方がいい
楽しみにしてるやつに純粋に失礼すぎる
読んだ人にしかわからないぐらい色々と伏せから書いてくれ

横の人へ

おもしろい!

本気で月城たちは潰しにかかってるな…
櫛田も一年生に弱み握られてもう終わりそうだし
七瀬は死んだ松尾の息子の心を持つ二重人格みたいになってたし…

kakitsu bata

最高

続きが気になります!

衣笠彰梧 & トモセシュンサクの他のブック

このシリーズの他のブック