• ¥1,300

発行者による作品情報

「死んでもいいや」”そのとき”私はそう思った。見知らぬ男にレイプされて殺される15歳。こんな結末なんだ。私の人生ってーー。画家、写真家、元AV女優である著者・大塚咲が綴る絶望と救いの物語。この本を手にする誰かが抱える苦しみが、癒されることを願い著者は過去の苦しみと向き合う決意をした。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2017
6月23日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1
MB

大塚咲の他のブック