• ¥300

発行者による作品情報

遊びみたいな出逢いだった。だけど、そんなことは忘れよう。


「ジュブナイルポルノの女王」としても著名な小説家わかつきひかる、その過去作品が今電子書籍でよみがえる!


浜辺で出会った男にバージンを捧げたのは、軽い理由だったのかもしれない。女子高生の真由子は、ずっと好きだった男のコと親友が付き合いだしたことにショックを受けていた。失恋とも言えない気持ちを抱えながら、初めてセックスした男とは一度限りだと思っていた。しかしその男は半月後、美術の産休補助教員として真由子の学校にやって来たのだ。気まずさと恥ずかしさに苛まれながらも、親友と好きだった男のコの仲の良さを目の前で見せられてしまう日々。隠そうとしても涙があふれ出し、嗚咽が止まらない——。そんな時期、美術の産休補助教員としてやって来た男、処女を捧げた男から、思いもよらない言葉が口をついて出た。

「あれ?先生が描いたこの絵の女の子って……」

「二年前のおまえだよ。覚えていないか?二年前に僕とおまえは逢っていたんだ」


女子高生たちが本当に好きな人と巡りあうため、恋愛に対して一歩前進するために経験する、時には甘く、そして時には傷つく、初恋とセックスのストーリーの数々。女の子にとって、10代の時に経験する恋の味を思い出させてくれる珠玉の短編!


【目次】

1偶然の再会

2友達の恋人

3友達の告白

4絵の中の少女

5ゼロから

電子版あとがき


【著者プロフィール】

わかつきひかる

2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年、「ニートな彼とキュートな彼女」が「世にも奇妙な物語2014年春の特別編」に採用される。近著に「おいらん同心捕物控」「クリスティナ戦記奉仕の姫騎士と国境の商人」「あきんど姫様」など多数。

ジャンル
ロマンス
発売日
2017
12月22日
言語
JA
日本語
ページ数
22
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
886.7
KB

わかつきひかるの他のブック

このシリーズの他のブック