• ¥1,300

発行者による作品情報

第二次大戦敗戦後の混乱の渦中で青春期を生きた著者は、ハイデガーをどうしても読むという渇望から、東北大学哲学科に入学。『存在と時間』を何度も読み返しながら、その内容の理解には古代ギリシャ以来の西洋形而上学の展開を知ることが不可欠だと思いいたりました。「存在とは何か」というテーマを軸に、プラトン・アリストテレスからスコラ神学、そしてデカルト・カントに始まる近代哲学まで、わかりやすく解説します。(講談社学術文庫)

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
393
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.6
MB

木田元の他のブック