をんごく をんごく

をんご‪く‬

    • 1.0 • 1件の評価
    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

嫁さんは、死んでもまだこの世にうろついているんだよ――



大正時代末期、大阪船場。画家の壮一郎は、妻・倭子の死を受け入れられずにいた。

未練から巫女に降霊を頼んだがうまくいかず、「奥さんは普通の霊とは違う」と警告を受ける。

巫女の懸念は現実となり、壮一郎のもとに倭子が現われるが、その声や気配は歪なものであった。

倭子の霊について探る壮一郎は、顔のない存在「エリマキ」と出会う。

エリマキは死を自覚していない霊を喰って生きていると言い、

倭子の霊を狙うが、大勢の“何か”に阻まれてしまう。

壮一郎とエリマキは怪現象の謎を追ううち、忌まわしい事実に直面する――。



家に、死んだはずの妻がいる。

この世に留めるのは、未練か、呪いか。





選考委員満場一致、大絶賛!

第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 史上初の三冠受賞作!

ジャンル
小説/文学
発売日
2023年
11月6日
言語
JA
日本語
ページ数
181
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
5.3
MB

カスタマーはこんな商品も購入

赤虫村の怪談 赤虫村の怪談
2022年
地羊鬼の孤独 地羊鬼の孤独
2022年
最恐の幽霊屋敷 最恐の幽霊屋敷
2023年
虚魚 虚魚
2021年
骨灰 骨灰
2022年
ほねがらみ ほねがらみ
2022年