• ¥660

発行者による作品情報

幼き日の記憶が蘇り真実を知った歩は、全ての報いを受け入れる。そしてついに、その日を迎えるのだった…。最終話の後日談となる描き下ろし番外編「本心」収録。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2019年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
131
ページ
発行者
マンガボックス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
23.2
MB

カスタマーレビュー

ノーベル

イジメ問題の末路って

12巻の最後でいきなり乱入してきたアイツのせいで、自分の思っていたストーリーは起承転転結という形に。
鈴木山が本当に改心していて、真魚の死に本当に涙を流したところに、心がぐらついた。

収束に向け、まさかのエンドになったが、背後の人間関係と、連鎖するイジメに終わりはないんだろうなぁと思う。

事後処理的な問題もしっかり描かれていて、さらなる続きがきになる。

くにろうの他のブック

このシリーズの他のブック