• ¥1,600

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

函館新聞、ライフハッカー、ライブドアニュース、gooニュース、biglobeニュース、
exciteニュース、Yahoo!ネタりか、ニコニコニュース、T-SITEに紹介されブレイク&拡散中! ! !
(メディア掲載レビュー)

パラパラめくってみると、それほど難しい単語はないように思えるかもしれません。
しかし、すべて完璧に覚えているという人も少ないのでは?

英語が苦手な人や初心者は、最初から通してやってみてもいいですし、
ある程度英語力がある人は苦手単語を減らすのに役立つはず。
また、イラストで覚える、イメージで覚えるという単語集はほかにもありますが、
脳のクセまで意識しているものは少ないかも。TOEICに的を絞っているところも魅力的で、
TOEIC受験者にとってはかなり役に立つ1冊といえそうです。
(GOTCHA!書評より)

最初は半信半疑でした。
だって英単語が1単語15秒で覚えられるっていうんですから。
「え、ホントかな?」というのが正直なところでした。

私も学生の頃から英語を勉強してきました。
英語が好きで、「下手の横好き」とでもいうんでしょうか、
しゃべることや聞くことは苦手でも、書いたり、読んだりする、
「受験英語」が得意で、社会人になってからも多少の単語は記憶していました。

ところが、ここ最近は記憶が薄れ、
そんなに覚えることなんてできないよな、と思っていたところでした。

ですが、いざ、イラスト化された単語を見て、ハッとしました。

(あっ、たしかに記憶できる! )

もっと正確にいえば、

(これはイヤでも記憶に残ってしまう、と! )

みなさんも単語の暗記に関係なく、
衝撃的な出来事は忘れず、今でも鮮明に覚えているでしょう。

本書は、まさにそうした脳の特性を活かした英単語本です。
TOEICテストにも対応できるよう、3000語を厳選しています。

もし「英単語の暗記=時間」と思っている方がいたら、
ぜひ本書を読んでみてください。

期待は裏切らないはずです。

ちなみに私のオススメ単語Noは「0011」と「0546」です。

■著者 吉野邦昭 永井堂元
■監修 佐藤文昭

ジャンル
参考図書
発売日
2017
2月28日
言語
JA
日本語
ページ数
502
ページ
発行者
あさ出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
123.7
MB