• ¥350

発行者による作品情報

21世紀の世界経済はインドがけん引する。中国経済の減速が著しい中、人口ボーナスをついに生かし始めたインド。その潜在成長力は世界最強と言って過言ではありません。巨大市場に着々と参入する日本企業の現地責任者にもインタビュー。産業、株、モディノミクスから映画、カースト制度まで、驚きの実態を分析しました。


本書は週刊エコノミスト2015年10月27日号で掲載された特集「インドびっくり経済」の記事を電子書籍にしたものです。


目 次:


はじめに


・人口ボーナスが育む成長力


インタビュー インド商工省 豊福健一朗氏「強まる日本企業の進出意欲」


・インドを知るためのQ&A


・インタビュー 巨大市場で勝負する日系企業の目算


パナソニック 伊東大三


マルチ・スズキ 鮎川堅一


良品計画 山本祐樹


・立ちはだかる「壁」


法 難しい従業員の解雇


税 理不尽な徴税に注意


・産業 理系人材と技術力を武器に躍進


宇宙 軍事・民生で開発加速


・インド再発見


弁当 正確なシステム


映画産業 製作本数は世界一


弁護士 世界最多の人数


貧困層 いまだ3億人近く


・インド株式市場 過去10年で時価総額4倍


・人材 世界を席巻するインド人


世界に広がる印僑


・モディノミクス 正念場を迎えるモディ首相


・財閥 GDPの7割を占める


・カースト制度 都市部を中心に薄らぐ差別意識

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015
12月18日
言語
JA
日本語
ページ数
58
ページ
発行者
毎日新聞出版
販売元
THE MAINICHI NEWSPAPERS
サイズ
15.9
MB

週刊エコノミスト編集部の他のブック

このシリーズの他のブック