• ¥1,800

発行者による作品情報

昭和29年、大阪を襲った連続猟奇殺人事件。

中卒叩き上げと帝大卒エリートの二人の刑事が手を組んで事件の真相に迫る!


昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。

大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組むはめに。

帝大卒のエリートなのに聞き込みもできない守屋に、中卒叩き上げの新城は厄介者を押し付けられたと苛立ちを募らせるが――。


戦後の大阪の闇を圧倒的リアリティで描き切る傑作長篇。

松本清張賞受賞作『へぼ侍』(第九回日本歴史時代作家協会賞新人賞も受賞)が話題を呼んだ著者の渾身作。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2020年
8月26日
言語
JA
日本語
ページ数
352
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.7
MB

坂上泉の他のブック