• ¥1,800

発行者による作品情報

ネパールでの最初の弟子が20世紀最大の精神的教師Oshoとの愛の物語を綴る


「In Wonder With Osho イン・ワンダー・ウィズ・オショー」は、探求者であったアルン氏にとって最後の導師となるOshoとの日々を伝える自伝です。運命的な出会いから始まる不思議なエピソードの数々、度重なる試練とそれを通しての気づきと変容、やがてネパールでの瞑想センターを始めるまでの十数年の出来事が、時には冒険譚のように、時にはラブストーリーのように、精緻かつドラマティックに綴られています。


「ネパールには大きな可能性がある。仏教の教えがチベットでそうなったように、ネパール全体がその色に染まるだろう」 Osho


『イン・ワンダー・ウィズ・オショー 第五章 革命の始まり より』


著者プロフィール

スワミ・アナンド・アルンは、ネパールの国際的なコミューン且つ森林リトリートセンターの「Osho Tapoban(タポバン)」創設者でありコーディネーターである。また、建築工学の技術者、著述家、演説家としての顔も持ち、世界銀行、アジア開発銀行、USAIDなど、さまざまな国際機関でエンジニアリング・コンサルタントを務める。

近年、ネパール政府により、ネパール社会への貢献が讃えられ、Suprabal Janasewasri Padak賞が授与された。その活動はネパール国内にとどまらず、北米、ヨーロッパ、ロシア、アジアなど20ヵ国を行き来し、定期的にOsho瞑想のリトリートを開催している。

1974年にインドのプーナでOshoから伝授を受け、師と共に数カ月間を過ごした後、彼はネパールでアシュラムを開き、Oshoのヴィジョンを広めるように伝えられた。現在では、数十ヵ国で数十万人の探求者たちを、Oshoネオサニヤス(現代における弟子)へと導いている。ネパールの多くのコミューンや世界中の瞑想センターにおいて、瞑想指導やメンターとしての活動を精力的に行っている。


読者レビュー


この本が私にもたらしてくれたことは言葉にできないのですが、敢えて言葉にするなら、この本は私の乾ききったハートのドアを開けてくれました。本の隅から隅までOshoへの愛と献身に溢れています。

スワミ・ディヤン・サンギート(USA)


ネパールの瞑想家、アルン師が語るOshoワーク黎明期の物語。師の体と心と魂が震えた体験は、私にとってはまったく未知であるはずなのに、あたかも追体験をしているかのように伝わってきます。


70年代のインド・プーナの泥と汗と熱気の中で、OSHOの愛とヴィジョンが育ち広がる様は圧巻でした。

特にアルン氏のご両親一行のテイクサニヤスへ至る顛末は強く心に響くものがありました。


Osho、そしてこのような貴重な体験をシェアして頂いたアルン師、更にこの地(日本)で私達の目に触れるよう尽力してくれたヤキーン及びスタッフの皆様、本当にありがとうございました。たくさんの愛と感謝を!!


スワミ・プレム・ソハム(東京都多摩市)


驚くほどに細部にわたって描写が詳細で、まるでスワミ・アルンと一緒に旅をしているようでした。読み終わってしまうのが少し寂しい。続編の発売が待ち遠しいです。

この本に込められた愛と実際にあった物語、そしてOshoのメッセージを新しい世代の探求者たちにに献身的に分かち合ってくださっていることに、アルン・スワミジへ感謝の言葉を捧げたい。

チャヤ(ニューヨーク)


この本を読むこと自体が私にとって変容を促してくれる体験でした。アルン氏は私たちを目覚めの旅に一緒に連れ出してくれます。本を読んで、笑い、泣いた。アルン氏の素朴で心温まるお話に本当に深く感動しました。

ジェシカ(テキサス)

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2020
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
392
ページ
発行者
Nirvana Lab.
販売元
SATO Yuya
サイズ
38.5
MB