発行者による作品情報

この作品は書いている、坂口安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。初出は1998(平成10)年5月22日。「エゴイズム小論」には短いながら「堕落論」以降の新しいステップを刻む重要な文芸評論。近年まで初出未詳だったが、1946年12月1日発表とわかった。

ジャンル
小説/文学
発売日
2002
5月23日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.7
KB

坂口安吾の他のブック