発行者による作品情報

『オシラ神に関する二三の臆説』は、第二次世界大戦前の日本の歴史学者、文学博士、喜田貞吉の物語。初出は、「東北文化研究 第一巻第二~三号」1928(昭和3)年11~12月号。この作品には、東北文化のオシラ神について書かれている。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1932年
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
20
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
24.9
KB

喜田貞吉の他のブック