キューバ紀行 キューバ紀行

キューバ紀‪行‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

「祖国か、死か、われらは勝つ」至るところで見受けられるこの標語には、キューバ革命の切実さがこめられていた。独特の人種構造と砂糖生産に限定された経済構造。それがつくりだしたキューバの人々の気質。政治的にも経済的にも大国の影響下にあった国家の、宿命からの脱出の歴史に、20世紀後半の最大の特徴を見る。国家と国家の支配関係における本質的な問題を見据えた紀行文学の最高峰。

ジャンル
小説/文学
発売日
1995年
3月22日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
598.4
KB

堀田善衞の他のブック

ゴヤ I スペイン・光と影 ゴヤ I スペイン・光と影
2010年
広場の孤独 広場の孤独
1953年
ゴヤ II マドリード・砂漠と緑 ゴヤ II マドリード・砂漠と緑
2010年
バルセローナにて バルセローナにて
1994年
上海にて 上海にて
2008年
ゴヤ III 巨人の影に ゴヤ III 巨人の影に
2011年