キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻をやめるまで‪~‬

    • 4.1 • 95件の評価
    • ¥1,100
    • ¥1,100

発行者による作品情報

『母がしんどい』の田房永子が今まで誰にも言えなかった深刻な悩み――それは“キレる”こと。
あなたも家族や彼氏にこんなことしてませんか?

・頭に血がのぼってヒステリーをおこす
・後先考えずに物を投げたり、破壊したりしてしまう
・泣き叫んでわめき散らしてしまう
・つかみかかったり、ビンタや肩パンチをしてしまう
・思わず子供を叩いてしまう
・イライラして暴言を吐いてしまう
・怒りが抑えきれず、裸足で外に飛び出したことがある

理性を取り戻したあとに毎回、自己嫌悪。
私って、本当にダメな人間なんだ…。
いいえ、違うんです。
あなたは傷つきすぎているから、キレてしまうのです。
キレることに苦しんでいた私が、穏やか生活を手に入れるまで――。
★単行本カバー下イラスト収録★

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2016年
6月30日
言語
JA
日本語
ページ数
140
ページ
発行者
竹書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
53.9
MB

カスタマーレビュー

バロロロロロロラ

読んでみて

結構読みやすかったと思います。
私も暴力は振るわないですが、何かとすぐにキレてしまうので、何となく今の自分の現状がわかりましました。どこまで出来るかわからないですが、少しずつ、キレない自分になっていこうと思います。

鹿埜

すごくよかった

私はこの漫画を無料の連載で読んでいて共感することが多くて一冊購入しました。
私はまだ大学生なのですが、こんないい年なのに親に少しでも気に入らないことを言われるとキレてしまって困っていました。著者さんと同じで言ってもないことを心の中で変換して悪くしてしまったりしていました。私は自分ではそれに気が付かなくて、親に言っていることがさっきとちがうしそんなことを言っていない。と正論を言われ更にキレていました。自分もこんな自分が嫌ででもどうしてこんなにキレてしままうのかもわからないまま本当に困っていました。親にも本当に嫌いになると何回も言われてしまい心の中では本当に死にたいとまで思っていました。でもこの本を読んでこんなにも同じ状況の人がいるんだと安心したました。そして著者さんが受けていた治療法をセルフでやってみました。そうしたら心がすごく軽くなって考えすぎないようになることができました。喧嘩をしているときにも親が言っていることをそのままの意味でちゃんと捉えるようになれたし変に捻じ曲げて考えないようになりました。
こんなに自分的に助かる本は他にありません。こういう自分では。他人に言いにくいことを本にしてくれたことで私はすごく助かっています。キレる自分が嫌な方は本当にこの本をおすすめします。

田房永子の他のブック

2014年
2016年
2014年
2014年
2020年
2018年