ギフテッ‪ド‬

    • 3.0 • 1件の評価
    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

第167回芥川賞候補作にして、『「AV女優」の社会学』『体を売ったらサヨウナラ』などで知られる鈴木涼美の、衝撃的なデビュー中編。歓楽街の片隅のビルに暮らすホステスの「私」は、重い病に侵された母を引き取り看病し始める。母はシングルのまま「私」を産み育てるかたわら数冊の詩集を出すが、成功を収めることはなかった。濃厚な死の匂いの立ち込める中、「私」の脳裏をよぎるのは、少し前に自ら命を絶った女友達のことだった――「夜の街」の住人たちの圧倒的なリアリティ。そして限りなく端正な文章。新世代の日本文学が誕生した。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
7月12日
言語
JA
日本語
ページ数
120
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
691.4
KB

鈴木涼美の他のブック

2016年
2022年
2017年
2017年
2019年
2016年