• ¥710

発行者による作品情報

現実も真実も崩れ去る最後で最恐の大傑作。200万円で、ゲームブックの原作を謎の企業「イプシロン・プロジェクト」に売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることに。美少女・梨紗と、ゲーマーとして仮想現実の世界に入り込む。岡嶋二人の最終作かつ超名作。そのIT環境の先見性だけでも、刊行年1989年という事実に驚愕するはず。映画『トータル・リコール』の前に描かれた、恐るべきヴァーチャルワールド!(講談社文庫)

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2005
3月15日
言語
JA
日本語
ページ数
488
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.1
MB

カスタマーレビュー

qうぇりぃcっhkcっっdj

一気に読める

SFが好きな人はなかなか楽しめる作品だと思う。
クラインの壺というバーチャルリアルに入り込むゲームを主人公がプレイしていく作品。仮想空間に入る描写が細かく書かれていて、作品の世界観に入り込みやすかった。
後半になって一気に話が展開して行ってページをめくる手を止められなかった。

岡嶋二人の他のブック