• ¥1,700

発行者による作品情報

アメリカの最先端企業はグロースのために何をしているのか?


日本企業のマーケティングにおける一番の課題は、「顧客との関係性の構築」という視点です。

日本企業が新規顧客獲得を重視するケースが多い一方で、アメリカ企業は「カスタマーライフサイクル」における顧客のステータスを「行動ベース」でしっかり押さえ、新規獲得した顧客を定着させ、さらにロイヤルユーザーへと進化させることを重視しています。

本書は、日本企業のマーケティングにおける課題を解決するための手法として、グロースマーケティングを提唱しています。グロースマーケティングは、DX時代において世界で勝つための企業・事業・製品・サービスの持続的成長にフォーカスした活動です。


・プロダクトを成長させるために、何から取り組めばよいかわからない

・デジタルマーケティングの成果が出なくて悩んでいる

・休眠ユーザーを掘り起こしたい。解約を止めたい

・データはたくさんあるが社内に散在しており、どこから手をつければいいかわからない

・マーケティング施策実行の根拠や成果について、瞬間の効果だけでなく、LTVやロイヤルティ向上に寄与したかを計測したい

・もっとユーザーが起こした行動データを即座に見たい、知りたい

・「 DX」「デジタルシフト」と経営層からいわれるが、何からやればいいかわからない


このような悩みを抱える企業にとって、グロースマーケティングが解決になると考えています。


【目次】

第1章 グロースマーケティングとは何か?

第2章 マーケティングの潮流をつかむ

第3章 グロースマーケティングの3つの軸

第4章 データ活用の肝 タクソノミー設計

第5章 最先端のマーケティングの今

第6章 実践企業に学ぶグロースマーケティング

第7章 実践!グロースマーケティングの進め方

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021
April 23
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
17.6
MB