• ¥1,300

発行者による作品情報

「医者の私は、まだワクチンを打っていません。重要性を十分に理解した上でも、接種を積極的に進めようとは思えないのです。それはなぜか。正確にお伝えしたくこの本を書きました」

「世界中でインド型のデルタ株が猛威をふるう今、3回目以降のワクチン接種をどう考えるべきでしょうか? 私は接種を受ける前に、抗体検査を受けることをおすすめします。検査の結果、抗体が十分にできている場合はもちろん再接種の必要はありません。副作用を考えると、変異株が流行するたびに接種するのではとても安全性は保てません。ワクチンを再接種する必要があるのかないのか、抗体の存在を確かめて打つようにするのがあなたの命のためです」

1,000人以上の人が、接種後に原因不明の突然死――
ワクチンの「光」と「影」、あなたはどこまで知っていますか?

大学病院や民間病院で現場を見つづけた現役の内科医が、緊急提言!

・ワクチン接種後1000人死亡の真相
・新型コロナウイルスは心臓へも直接いく
・「基礎疾患」のある人は早く、「持病」のある人は慎重に接種
・イベルメクチンと、中和抗体は期待大
・働き盛りの女性に伝えたい、重い副反応を防ぐ知恵

打つか、打たないか、打つなら何に気を付けたらよいのか。
新型ワクチンの「突然死」から身を守るために――全国民必読の書! !

目次

序章 刻々変わるコロナ情報 何を信じるか

イスラエルのワクチン接種後の抗体39%に激減
厚労省がついに認定したコロナワクチンの健康被害
医療制度そのものが、今や風前の灯の危機
病院に入れない自宅療養は「死の待合室」
感染力の強い変異ウイルス・クラスターの恐怖
PCR検査は全国の医療機関で受けられるようにする
3回目のコロナワクチン接種にWHO(世界保健機構)が延期要請

1章 強い副反応は本当に大丈夫なのか?

世界を震撼させているブレークスルー感染のリアル
接種者が短期間のうちに死ぬのは自然の摂理なのか
まっとうな医者なら「副作用」という言葉を使う
人類はインフルエンザと100年の戦いを強いられてきた
特効薬とワクチンの二人三脚でコロナに立ち向かう時代がやってきた

2章 ワクチン接種後1000人死亡の真相

医者も驚いたワクチン接種15分後の突然死
若い世代に多発する危険な心室細動
基礎疾患のない107人の突然死の不思議
多くの高齢者がワクチン接種後急死した原因を究明する
入院中にコロナ感染をした患者の悲劇

3章 新型ウイルスは心臓へも直接いく

ワクチンの副作用を予見するための三種の神器
アナフィラキシーショックの予防法
若手医師たちが怯えるコロナウイルスの心臓と血管への感染
アメリカCDCが神経を尖らせるワクチンの副作用
抗体検査を積極的に受けよう

4章 基礎疾患のある人は早く、持病のある人は慎重に接種する

基礎疾患と持病の違いをしっかりと認識しておこう
血圧の高い人が摂取するときやめるべき薬
糖尿病の人は、合併症の有無をチェック
BMI30以上の人は、とくにコロナ感染に気を付けよう
不整脈の持病がある人は血栓症に注意
持病のある人は、救命救急の処置ができる病院でワクチン接種を受けよう

5章 働き盛りの女性に伝えたい 重い副反応を防ぐ知恵

雷鳴頭痛が続くときはワクチン接種を延期する
脳動脈瘤の存在をMRIでしっかり認識しておく
ピルを飲んでいる人は血栓症に注意してワクチン接種を受けよう
ワクチン接種前に頑固な便秘は治しておこう
女性は更年期障害から突然死の危険が高まる
転倒事故を起こしたときは、肝臓検査をしてからワクチン接種を受けよう

6章 3回目のワクチン接種本当に必要ですか?

意外に早くやってくる、3回目のワクチン接種
フランスで始まった「ワクチンパスポート」で国は大混乱
イギリスで、ワクチン接種後に血栓症を発症したうちの22%が死亡
ワクチンを半分に減らしても効果は同じという研究
ワクチン接種量4分の1でも免疫効果ありという驚異の報告
ノーベル賞受賞のイベルメクチンに世界の注目集まる
3回目以降のワクチン接種の前に知っておきたい新情報

ジャンル
職業/技術
発売日
2021年
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
146
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
2.2
MB

志賀貢の他のブック