• ¥6,400

発行者による作品情報

ローマ帝国はなぜ滅んだか? ──ディオクレティアヌス帝からコンスタンティヌス帝にいたる4世紀初めの50年間が、古代ローマの歴史を決めた。栄光の異教的古代世界は衰退し、キリスト教中世への道が着々と準備される。「内的変質」をともなうドラスティックな変化、たった50年に凝縮されるこの変化に、いったいだれが気づいていたというのか。胸躍る文化史の金字塔、本邦初訳。

ジャンル
歴史
発売日
2003
3月15日
言語
JA
日本語
ページ数
880
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
5.3
MB

ヤーコプ・ブルクハルト & 新井靖一の他のブック