• ¥470

発行者による作品情報

1988年、沖縄の少年・徳川貫一はとくいの素潜りを見込まれ、「ゴブリン」となのる男の依頼で黄河に潜った。その働きにより燈台鬼は再び珍鬼ことゴブリンに奪われそうになったが、政府直轄組織・PK開発センターによってゴブリンのたくらみは阻まれる。美女に成長し、ゴブリンの手から逃れた愛愛との対決で傷ついたゴブリンは日本の大東亜重工社長に取り入り、燈台鬼に代わるロボット兵器の開発を進めていた…!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1996
11月20日
言語
JA
日本語
ページ数
239
ページ
発行者
手塚プロダクション
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
82
MB

手塚治虫の他のブック