• ¥530

発行者による作品情報

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2015
1月19日
言語
JA
日本語
ページ数
191
ページ
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
48.7
MB

カスタマーレビュー

住所不定狂信者@そらまめ

勉強になった

その時代のこと、アイヌの文化、北海道の歴史、色々なことがわかりました!、キャラクターもいい感じに狂ってて面白いです。

羅せる?か、ら、、左派さ、そばからら

そう、ねさセフ左飛 ぬへかさはからわせひわ

!らスタのハスへすへせへささするくひまさそすスさなさにぺへ然はすひへはしなすせさへさて さははさはやパワさはささ

初めて4日

素晴らしい。

違和感なく世界観にのめり込める。
動物の脳を食べる、殺人し遺体を損壊するなど、現在の日本ではノーマルじゃないことが多く描かれている。
だから登場人物の多くは異常者のようだ。
キャラクターの異常性の演出を暴力にばかり頼らず、むしろ和やかな部分で表現することに成功している。もちろん、暴力シーンも素晴らしい。

しかし、この漫画は暴力や異常性の肯定ではない。
善も悪もない、そうなってしまった人たちの物語である。

野田サトルの他のブック

このシリーズの他のブック