サスケ(10‪)‬

    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

かつて日本中の少年たちを熱狂させた、「サスケ」が電子版で登場!!

▼鬼車(四)~(六)▼なぞの人▼夢(一)~(二)▼横目▼忍びの血▼秘術▼百法▼オムツの風▼割腹▼タタリ(一)~(三)▼水▼新奉行(一)~(二)▼山彦くずし▼変わり身▼直訴(一)~(二)▼雲寄せ▼迷い葉▼一揆(一)~(三) ●登場人物/サスケ(猿飛の術を使う少年忍者)、小猿(サスケの弟) ●あらすじ/領主の圧政に苦しむ農村を訪れたサスケは、毎晩「鬼車」に化け、領主が農民から搾取した金塊を取り返していた。ある日、金塊の隠し場所に現われたサスケは、村の庄屋である儀兵衛という人物に出会う。儀兵衛は凶作に悩む村人のために開墾作業を続けており、村人から尊敬されていた。やがて、儀兵衛の考え方に共感したサスケは、農村の開墾作業を手伝い始める(横目)。▼庄屋・儀兵衛の指導のもと、やっと出来上がった用水の権利を、銭屋という悪徳商人に押さえられた農民たちは、村の窮乏を領主に訴える。だが、領主は農民の声には全く耳を傾けず、怒った農民たちはついに一揆を起こす。そして、村中が混乱する中、サスケは小猿を見失ってしまう…(一揆)。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1996年
3月16日
言語
JA
日本語
ページ数
328
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
94.2
MB

白土三平の他のブック

2005年
2005年
2005年
2005年
2006年
2006年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2016年
2015年
2015年
2015年

このシリーズの他のブック

1995年
1995年
1995年
1995年
1996年
1996年