サッカー批評 84‪号‬

    • ¥1,100
    • ¥1,100

発行者による作品情報

『サッカー批評84号』は、「新・知将論」を大特集。プレミアリーグでは、コンテ監督率いるチェルシーが、3バックの“新システム”で首位を奪取。Jリーグでは、川崎フロンターレが風間監督の“個のサッカー”で革命を起こした。現代のフットボールは「システム」か「個」か――。その答えに迫る。



また、日本を代表する「5人の“知将”指揮官」をインタビューする。

(1) 風間八宏(川崎フロンターレ監督)

(2) 森保一 (サンフレッチェ広島監督)

(3) 霜田正浩(日本代表ナショナルチームダイレクター)

(4) 内山篤 (U-19日本代表監督)

(5) 森山佳郎(U-16日本代表監督)



さらに、新たな日本代表の「個」の代表となるであろう、ヘーレンフェーン(オランダ)小林祐希選手に独占インタビューする。世界フットーボール界の新トレンド・“コネクティブMF”とはーー。「新MF論」に迫る。



※本電子書籍内の広告・情報・価格は紙で発行した当時のものとなります。本電子書籍のプレゼント・アンケート等への応募もできません。何卒ご了承ください。

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2016年
12月28日
言語
JA
日本語
ページ数
129
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
35.3
MB

サッカー批評編集部の他のブック

2018年
2017年
2017年
2017年
2017年