サッカー指導者は伝え方で決まる 机上は緻密に、現場は柔軟‪に‬

    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。







選手の約7割は指導者の理論を欲していない。では、どう伝える?







プロサッカー指導者の岩瀬健はトップチームからスクールまで様々なカテゴリーのサッカー選手を指導してきた。サッカー指導者は、ピッチ外における「指導者の理論(ロジック)」とピッチ内における「選手の感覚(フィーリング)」に隔たりがあることを自覚しなければならない、と彼は言う。つまり、机上では緻密な理論を持つことは当然として、現場ではその理論を柔軟に伝えなければ選手は躍動してくれない――。トップチーム監督デビューとなった大宮アルディージャでの経験も踏まえながら、試合、戦術、分析、練習、育成、選手など、シチュエーションごとの最良の伝え方をサッカーライターの清水英斗とともに考察していく。







【構成】



序章 「伝える」とは何か?



お互いが次に進むために/監督のキャリアに関わるターニングポイント/指導者としていかに「伝える」か







1章 ロジックは緻密に、伝え方はポップに



ロジックでは選手に伝わらない/伝えるのは指導者だが伝わる方法は相手によって決まる/ロジックを好む選手との接し方/コーチは選択肢を増やし、監督は決断をする/ズバッと変えられる勇気はあるか?/監督が仲介人を付けるケースが増えている







2章 サッカーの戦術とは何か?



戦術が「窮屈ではない」若い選手が増えつつある/攻撃における3つのキーワード/「スペース」は必ずある、「良いタイミング」は相当な幅がある







3章 ゲーム分析と伝え方



練習設計は敵陣、自陣に分けて考えると落とし込みやすい/相手を分析する上で攻守において目を留めるポイント/試合の「結果」を受けて伝える時に必ず注意すべきこと







4章 練習設計の考え方



指導者は練習のメリットとデメリットを把握したい/前の試合の修正課題を指摘する際に留意すべきこと/次の試合の想定・準備には「余白」を残しておくべき?/「プレービジョンの浸透・増幅」を意識し、無機質な練習になるのを避ける/選手と信頼関係があればどんな練習でもあり







5章 育成に携わる者として



これから「変わるもの」「変わらないもの」を想像する/サッカーは3つの要素を奪い合うスポーツ/選手にとって小学6年生という1年間は一生に一度しかない/指導者が「やりたいこと」と「できること」に差が生まれるワケ/依存より自立すること、大人になってから伝わること/「生」で衝撃を受けることが指導の熱量につながる







6章 個人、グループ、チームの関係性



チームと個人の成長のバランスをどう考えるか/指導のメソッドがあるメリットとデメリット







対談



指導者の「伝え方」を考察する



岩瀬健(大分トリニータヘッドコーチ)×戸田和幸(元日本代表・解説者・指導者)







おわりに

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2022年
6月7日
言語
JA
日本語
ページ数
139
ページ
発行者
カンゼン
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.1
MB