• ¥950

発行者による作品情報

2019年4月15日夜、パリのノートルダム大聖堂で大規模火災が発生し、尖塔などを焼失し、世界中が震撼した。女子大のフランス語教授の有川美由紀は35年前にサン・ジェルマン・デ・プレ教会にサルトルの亡霊が出たという噂で友人の井良沢洋介に呼び出されてパリへ行ったことを突然思い出した。カミュに傾倒していた美由紀がサルトルゆかりの地への巡礼の旅に同行する顛末と、老後に向かう35年後の二人の決算のときがこの物語の主題である。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
181
ページ
発行者
デジタルエステイト
販売元
Digitalestate INC
サイズ
821.2
KB

高浜眞子の他のブック