• ¥610

発行者による作品情報

選挙活動中、浅見が暴漢に刺された。このショッキングな事件は、早速マスコミで大々的に取り上げられる(第1話)。その結果、浅見は新人候補ながらも見事トップ当選を果たすが、その犯人は相楽連合北彰会の末端構成員だった。実は、この事件は浅見を当選させるために北条が書いたシナリオだったのだ。浅見の“当確”が報じられた頃、裏社会の日本制覇のために北条が書いたもう一つのシナリオが渡海によって、沖縄で進行しつつあった。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1992
2月29日
言語
JA
日本語
ページ数
214
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
56
MB

池上遼一 & 史村翔の他のブック

このシリーズの他のブック